FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「西鶴にとって金儲けは善であった」



日本永代蔵は、一生懸命働いて大金持ちになり、たくさんの人を使い、雇用を創出せよと、西鶴はいっているのである。

お金が回らなければ世の中が暗くなることを西鶴は知っていた。

西鶴という人は資本主義社会の理念をよく理解していたのである。

西鶴にとって金儲けは善であった。



「名作を読む(日本永代蔵 巻四、井原西鶴)」より

http://www.w-kohno.co.jp/contents/book/koten/ihara03.html



ゆたか
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「西鶴にとって金儲けは善であった」日本永代蔵は、一生懸命働いて大金持ちになり、たくさんの人を使い、雇用を創出せよと、西鶴はいっているのである。お金が回らなければ世の中が暗くなることを西鶴は知っていた。西鶴という人は資本主義社会の理念をよく理解していたの...
2012/05/23(Wed) 08:34:59 |  まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。