上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都の祇園祭のルーツは、ユダヤ人(ヘブライ人)の末裔が、

ユダヤの祭りを伝えたとの説があります。



もし、そうだとすると、このブログで検討してきた、

「京都商人」の商法のルーツを辿ると、

「ユダヤ商法」と何らかの関係がある可能性が出てきました。






<祇園祭の歴史>

http://abccraft.blog28.fc2.com/blog-entry-10.html



しかし、祇園祭り=シオン祭りという説があります。

例えば、祇園祭りの山鉾巡行が行われる日は7月17日であるが

ノアの箱舟がアララト山に漂着したとされる日も7月17日であるとか

シオンという言葉は、祇園という発音に近いものがあるとか、


祇園祭の山鉾に描かれている絵のなかに、

なぜか、

バグダッド宮殿やピラミッド、

砂漠を行くラクダや

旧約聖書のなかの「創世記」第24章に

書かれているイサクの嫁選びのシーンなど

が描かれているなど

奇妙な一致点や不思議な点がたくさんみられます。


・・・



<京都祇園祭りの由来を聖書から理解する!>

http://pub.ne.jp/17411miyazaki/?entry_id=3056537


京都の祇園祭の山車は、

ヘブライ語の「エンヤラ・ヤー」と言う言葉で

引っ張られていることです。

この言葉の意味は「エホバを賛美せよ!」という言葉です。

「ヤー」はエホバの短縮形の「ヤハ」に由来します。

・・・・



<日本とヘブライの共通点>

http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-592.html


ユダヤの「シオン祭り」は、ノア一家が大洪水を

無事乗り越えたことを祝う祭りで、

7月17日は『旧約聖書』で「ノアの大洪水」が

終わった日とされているのであるが、

日本の祇園祭りを最大に特徴づけている数多くの「山車(だし)」は、

この“ノアの箱舟”を象徴しているのではないかと推測する研究家もいる。

祇園祭りに登場する数多くの山車の中には、

古代ヘブライで用いられた織様と

同じ文様を付けたものが存在している。

・・・・



ゆたか


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。