上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インターネットを検索していると

私、ゆたかと同じ考え方をしていている人がいた。


http://ai-blog.jp/suzuki/2011/06/30/%E8%BF%91%E6%B1%9F%E5%95%86%E4%BA%BA%E3%83%BB%E5%95%86%E5%A3%B2%E3%81%AE%E5%8D%81%E8%A8%93%E3%81%A8%E3%83%A6%E3%83%80%E3%83%A4%E5%95%86%E6%B3%95%E5%8D%81%E6%88%92%E3%81%8B%E3%82%89%E7%90%86%E6%83%B3/


ちょっと引用させてもらいます。以下は引用です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・

「近江商人・商売の十訓とユダヤ商法十戒から理想の十訓を作る」


◆近江商人・商売の十訓・・・A案
(出典:近江商人の末裔・奥村酒造株式会社HPより

一 商売は世の為、人の為の奉仕にして、利益はその当然の報酬なり
二 店の大小よりも場所の良否、場所の良否よりも品の如何
三 売る前のお世辞より売った後の奉仕、これこそ永遠の客をつくる
四 資金の少なきを憂うなかれ、信用の足らざるを憂うべし
五 無理に売るな、客の好むものも売るな、客の為になるものを売れ
六 良きものを売るは善なり、良き品を広告して多く売ることはさらに善なり
七 紙一枚でも景品はお客を喜ばせる、つけてあげるもののないとき笑顔を景品にせよ
八 正札を守れ、値引きは却って気持ちを悪くするくらいが落ちだ
九 今日の損益を常に考えよ、今日の損益を明らかにしないでは、寝につかぬ習慣にせよ
十 商売には好況、不況はない、いずれにしても儲けねばならぬ



◆「ユダヤ商法」の十戒・・・B案
(出典:ユダヤ五〇〇〇年「成功の秘訣」 著者/マーヴィン・トケイヤーより

Ⅰ. 正直であれ
Ⅱ. 好機をとらえろ
Ⅲ. 生涯にわたって学べ
Ⅳ. 時間を貴べ
Ⅴ. 笑え
Ⅵ. 使命感をもて
Ⅶ. 過去から学べ
Ⅷ. 話す倍聞け
Ⅸ. 弱者に施せ
Ⅹ. 家族を大切にせよ


◆両者の良いとこ取りで、自分の十戒を作る・・・C案

1. 無理に売るな、客の好むものも売るな、客の為になるものを売れ
2. 正直であれ
3. 商売は世の為、人の為の奉仕にして、利益はその当然の報酬なり
4. 話す倍聞け
5. 売る前のお世辞より売った後の奉仕、これこそ永遠の客をつくる
6. 使命感をもて
7. 良きものを売るは善なり、良き品を広告して多く売ることはさらに善なり
8. 生涯にわたって学べ
9. 商売には好況、不況はない、いずれにしても儲けねばならぬ
10. 時間を貴べ


近江商人とユダヤ商人の英知を集めた自分のための十戒ができました。

両者の中で、自分が良いと判断するものを半分ずつ選ぶのだから、

納得できるものとなるはずです。


・・・・・・・・(引用終わり)



なるほど。

これまで、見てきた京都商人の商法と、

「ユダヤ商法の十戒」には通じるものがある。


ゆたか
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。