上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ 一分間ミリオネアの名言集(13)◆


2009年11月02日 (月)

・ 心地よい言葉だけを絶えず自分にささやきかけよう。楽しさで心を満たそう。


・ 賢明なミリオネアになるには、大好きなことを”やり”、それに大きな価値を付加し、テコの効果を適用する必要がある。


・ 賢明なミリオネアは、他者を向上させると豊かさが生まれる。なにかを得るのは、もっと多くを他者に与えるためであることを理解している。


・賢明なミリオネアは、それぞれの状況から最大限の教訓を学び取る。



・世界では使えきれないほど膨大なお金が、それを獲得する法則を実践するものを待ち構えている。


・豊かさを外に描き出すためには、まず豊かな心の状態を繰り返し内に描く必要がある。なぜなら、心の状態こそが結果を創りだすからだ。



・得る前にどうやって与えられるか?これを通常の論理で説明することは出来ない。しかし高次元のメタレベルでは、得る前に与えるのだ。このパラドックを受け入れるには、谷底に豊かな世界があると信じて、がけっぷちから飛び込むのだ。


・たいていの場合、あまりにも早い段階で創造の芽を摘み取ってしまう。それを野放しにしておくと無用な不安、混乱した考え、不健全さがもたらされる。前向きな声の音量は上げよう。懐疑的な声の音量は下げよう。


・見たものすべてを食べなくて良いのと同じで考えたことすべてを話さなくてもいいのだ。だからまず言葉に気を配りなさい。よき目的があるときだけしゃべりなさい.


・新たなプロジェクトを始めるとき、あなたは赤ん坊と変わりない。だからプロジェクト開始にあたっては、最初の課題として資源の棚卸しを行なおう。


・<あなたが所有しているもの>-<あなたが借りているもの>=<一億円以上>の数式を成り立たせなければならない。



・将来必要な資金をすべて前払いできるほどの大金があれば、働く必要があるからでなく、働きたいから働くということができる。これを「金銭の自由」と呼ぶ。


・今の生活という重荷を一旦降ろし、想像の翼に乗って未来へ飛び立とう。大きな夢を見ることを自分に許そう。財政的、精神的、社会的、肉体的にバランスのとれた生活を送る自分を想像しよう。あなたはすべてを手に入れる。実に爽快。


・目標のことを考えるな。目標からさかのぼって考えよ(ネヴィル)。


・一生で達成したいことが思い浮かんだら、なんでもいいからノートに書き記そう。毎日6つの目標をノートに列挙しよう。実行するのは朝、1日を始める前がいい。読み上げるだけでなく文字として残すことが肝心だ。



2009年11月03日 (火)


・天才たちは自分が生まれてきたのは今の仕事をやるためだと感じている。自分しかできない貢献をするためだ。


・人間を行動に駆り立てるのは感情だ。


・彼らは言う「われわれは脳みその代わりに心を使う。創造性というものは何を考えるかより、何を感じるかだからね」。


・意志と想像力がいさかいを起こすとき、必ず想像力が勝利する」。言い換えれば意志(理性的、論理的な自我)と想像力(創造的、右脳的な自我)が喧嘩をすると、つねに想像力が勝つということだ。


・一億円を稼ぎ出すには、いったいどうすればいいのだろうか?と自分に問いかけると、あなたの心は答えを見つけるべく動き始める。満足がいく回答が得られるまで、心は絶え間なく働くことを強いられる。


・1億円を獲得できるだろうか?と問いかける人はまれだ。あなたには、そんなまれな例外となってほしい。


・人間の脳には、人生で学んだことすべてが消えないように記録されている。いわば携帯式のデータベースだ。DNAは前時代や前世の叡智を運ぶ器だとまで言われている。要するにあなたの無意識のデータベースはとてつもなく膨大なのだ。


・願望、信念、自己受容、もしどれか一つが列をみだせば、あなたのエネルギーは拡散して効力を失う。



2009年11月04日 (水)

・心の中にある支配的な思考がわれわれの脳に磁力をもたらし、人智の及ばぬ方法で、力と、人と、運命を引きつける。


・「私はこれを実行する。どれだけのものが必要になろうとも、どれだけの時間が必要になろうとも」と宣言すれば、目に見えないシグナルが発信され、目標達成に必要な資源が共鳴を起こし始める。


・賢明なミリオネアは、”与える"と言うことが自分の本質を具現する最高の形であることを知っている。

・1割の献納をすることだ。賢明なミリオネアは収入の10%を慈善事業や地元の教会などに献納する。与えることは繁栄を1000倍にもしてくれる。


・われわれはこの10分1税を実際にやって、たしかにそのとおりだと確認した。



・元の状況に復帰しないようにするには”弾性限界”よりも強い力をあなたに加える必要がある。

・どうすれば人生の新たなレベルへ移動できるのだろうか?まずは、未来の理想像を念じること。相当強く念じる必要がある。


・願望、信念、自己肯定、これらを整然と並べることができれば、あなたは大変な力の持ち主になる。


・しかし、その整列のプロセスは、一朝一夕にできるわけではないのだ。数年は覚悟するべきだろう。



ゆたか
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。