FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「大金を持つ人は、天に味方してもらえる人、儲けは神さまがつけてくれた成績表」



本当の大金を持つことになると、人の力だけではムリなんです。

人知を超えたもの、神さまというか、天というか、そういうものによって、大金を持つにふさわしい人を選んでもらわなければならないから。

たとえば、車に乗って道を走っているとき、だれかがこちらの車線に入ろうとする。

こんなとき、入れまいとしてがんばつている人がいるよね。

そういう人を神さまが選ぶだろうか。

神さまが選ぶのは、ニコツて笑って、ブレーキをかける人なんです。

大金を持つ人は、天に味方してもらえる人。

商人が魂を向上させて、正しい商売のやり方をしていると、神さまは報酬を与えてくれる。

それが儲けなの。

儲けは神さまがつけてくれた成績表です。






「商人は社会の心臓だから、商人は、しつかりお金を儲けないといけない」



商人は、しつかりお金を儲けないといけないの。

なぜなら、商人は社会の心臓だから。心臓が弱ってくると、血液が流れなくなって、社会が病気になってしまう。

商人が一生懸命にお金儲けをしないとね。

商人がお金を儲けることが、悪いことであるかのように思っている人は、大きな間違い。






「お金儲けは、世の中のためによいことなんです。だから儲けとは、よいことをしたという証拠、お金儲けは、世の中のためによいことなんです」



日本人は、お金を儲ける人は悪い人だという観念があるけど、それって違う。

だつて、世の中に役立っているなら、お金が儲からないとおかしいでしょ。

本当に世の中に役に立つものなら、誰でも喜んでお金を払うはず。

だから、儲けとはよいことをしたという証拠。

世の中のためにがんばつている人が、お金をもっていないのはおかしい。




「お金儲けセラピー」斉藤一人より



ゆたか
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。